ベネルクス1 ベルギー/オランダ/ルクセンブルク

Hometravels>ベネルクス1 ベネルクス2 ベネルクス3 ベネルクス4  
1■ベネルクス1日目 ルクセンブルクへ 2018/8/10(金)
日程 成田からルクセンブルクへ

 成田11:30発---(NH209便・ANA)---(デュッセルドルフ着16:08)---(バスでルクセンブルクへ3時間30分/260q)---ルクセンブルク ホテル20:30着

宿泊ルクセンブルク(ノボテル ルクセンブルク キルヒベルク)
 ◆デュッセルドルフからベネルクス三国へ

 ベルギー、ネーデルランド(オランダ)、ルクセンブルクを合わせてベネルクス三国とよばれます。成田からデュッセルドルフ(ドイツ)へ飛び、デュッセルドルフからバスでルクセンブルクに入ります。ルクセンブルクに2泊し、ブリュッセル(ベルギーの首都)、ブルージュ(ベルギー)、ハーグ(オランダ ゾイトーホランド州州都)、アムステルダム(オランダの首都)に各1泊し、再びデュッセルドルフから成田に戻ります。

 このツアーのアピールポイントは、ルクセンブルクの旧市街の街並みとヴィアンテン城、ベルギーのディナンの町の景観、水の都ブルージュやアントワープの街並み、オランダのクレラー・ミュラー美術館や国立美術館で名画を鑑賞することとなっています。中世の落ち着いた街並みや美しい景観はわくわくしますが、名画は私にはほとんどなじみがありません。見て何か感じることができればいいのですが。野鳥も楽しみです。

ベネルクスの地図

 ◆デュッセルドルフからが遠い

 午前11時30分頃成田をたち、午後4時8分デュッセルドルフに到着し、約1時間後バスでルクセンブルクへ向かいました。バスの乗車時間は、予定よりも1時間ほど短くて、3時間30分ほど。ホテル到着は午後8時30分でした。日本との時差は7時間だから、デュッセルドルフまで11時間20分。飛行機とバスの乗車時間の合計は14時間50分、結構長いね。

 体調を整えるため、おいしそうなエビ天の機内食は少しだけにして、アルコールは控えました。2食目の白身魚のムニエルも同様にしました。

 映画は「ちはやふる−結び−」がおもしろかった。帰りは、トゥームレイダー ファースト・ミッションを視聴。

 
42番ゲートから出発 ボーイング787-9 デュッセルドルフ空港 トイレ休憩/ドイツ
 42番ゲートの表示
 成田空港
 ボーイング787-9
 成田空港
 デュッセルドルフ空港
 ドイツ
 トイレ休憩
 まだドイツ
 ◆ルクセンブルクのホテルは森の中と思っていたが

 翌朝、外に出てみると、ホテル周辺には大きな建物が建ち並んで、立派な道が通っていました。車道、歩道に加えてトラム、専用の自転車道まであるので、道幅は広くて渡りきるには複数の信号に注意しなければなりませんでした。それでも、ホテルから10分ほど歩くと、家々の周りに木々が生えるところに行くことができ、野鳥を探すことができました。「森と渓谷の国ルクセンブルク」という言葉も聞きますが、その通りなのでしょう。

 ホテルはリニューアルしたばかりとのことで、部屋は綺麗で良かった。

ホテルの部屋
 ホテルの部屋
 ノボテル ルクセンブル
2■ベネルクス2日目 ルクセンブルク 2018/8/11(土)
日程 午前:ヴィアンテン城見学
 午後:ルクセンブルク市内見学(ノートルダム大聖堂、大公宮殿、ボックの砲台)
 ホテル9:00---(バス1時間/60q)---ヴィアンデン---(バス1時間/60q)---ルクセンブルク---ホテル17:30
宿泊ルクセンブルク(ノボテル ルクセンブルク キルヒベルク)
 ◆朝食はオーソドックスに

 朝食はスクランブルエッグ、ソーセージ、ヨーグルト、パンはどれもおいしくて、特にクロワッサンは気に入りました。

オーソドックスな朝食
 朝食はバイキング
 パンがおいしい
 ◆ヴィアンテン城からの眺望がすばらしい

 ホテルからバスで1時間ほど移動したルクセンブルクの田舎の町にある古城です。各部屋の番号を押すと説明が聞ける器械を持って入場して、1時間ほど見学しました。内部には騎士の部屋や台所で使われた道具を展示した部屋などがありました。お城から見たヴィアンテンの町の景色もすばらしかった。

ヴィアンテン城 門をくぐって見上げた城 ヴィアンテン城の内部 ヴィアンテン城の内部
 ヴィアンテン城
 外から見た城
 ヴィアンテン城
 門をくぐって見上げた城
 ヴィアンテン城
 内部
 ヴィアンテン城
 内部
お城の台所用具 お城の内部 お城から見たヴィアンテンの町 ウール川とヴィアンテン城
 ヴィアンテン城
 台所で使われた道具
 ヴィアンテン城
 内部
 お城からの眺望
 ウール川沿いの町の景色
 ヴィアンテンの町
 ウール川とヴィアンテン城
 ◆要塞が残るルクセンブルク

 ルクセンブルクの古い街並みと要塞群は1994年、世界文化遺産に登録されています。旧市街には、各支配下の時代に築かれた要塞が今も残っていて、展望台からの眺望は、森と建物の美しい景色が見られました。

 観光客はとても多くて旧市街をを歩く人はもちろん、飲食店のオープンテラスはどこも観光客で一杯でした。テーブルにはビールやジュースなどの飲み物、アイスクリーム、様々な料理などが並べられて、ゆっくりとした時間を過ごしているように見えました。

 

●ノートルダム大聖堂はステンドグラスが美しい
 祭壇のステンドグラスが美しかった。ステンドグラスは単に美しいというだけでなく、文字の読めない信者にキリストの教えを伝える役割もあったと聞き、そういえば昨年アンコールワットを見学した時、壁画の絵にも同じ役割があったのを思い出し、ステンドグラスと壁画が私の中で結びついたのでした。

【ノートルダム大聖堂】

ノートルダム大聖堂 ノートルダム大聖堂 ノートルダム大聖堂のステンドグラス
 ノートルダム大聖堂  ノートルダム大聖堂  ノートルダム大聖堂のステンドグラス

●石造りのファサードが美しい大公宮殿
 正面のアラベスク模様は当時のままの面影を残しているとのことです。

【大公宮殿】

大公宮殿 ルクセンブルク旧市街 ルクセンブルク旧市街 店の看板
 大公宮殿
 ルクセンブルク旧市街
 ルクセンブルク旧市街
 店の看板

●ボックの砲台
 963年にアルデンヌ公が築いたルクセンブルク最古の要塞。展望台からの渓谷の眺めは素晴らしかった。

【ボックの砲台】

ボックの砲台 展望台からの眺望 展望台からの眺望
 ボックの砲台
 展望台からの眺望
 展望台からの眺望

Copyright(C) 2003-2018 kobarin(こばりん)
初版:2018年8月22日、最終更新:2018年8月31日