九寨溝と黄龍 3 −九寨溝と黄龍をハイキング−

九寨溝と黄龍1 九寨溝と黄龍2 九寨溝と黄龍3 travelsへ戻る Homeへ戻る
 6時起床。連泊の2日目だ。今日は天気が良さそうなので、もう一度行く鏡海の美しい景色に期待が持てそうだ。6時40分しっかりと朝食を取って、7時40分に九寨溝ハイキングへ出発。

 昨日と同じようにチャーターバスに乗り換えて、鏡海へ向かった。天気が良いので車窓から見える景色にコントラストがあり、よりクリアーに見えるように思う。ツアー客の一人が「雪山だ」と思わず言葉に出した。鏡海にはっきりと雪山が映っている。昨日は見えなかった景色だった。その後、@五花海(車窓)8:50頃 A箭竹海(車窓)8:57 B原始森林(標高3060m)9:12〜9:47 C箭竹海10:07 D箭竹瀑布 E熊猫海 F犀牛海11:23 G樹正群海 H盆景難 を見た。

 昼食をとった後、空路で、九寨溝を後にして成都へ戻った。九寨黄龍空港では、かなり待たされたが、成都へ向けて出発することができ、成都のホテルには23:05に着いた。かなり遅い到着となった。
鏡海 五花海 山 原始森林
 鏡海
 日則溝 九寨溝
 五花海
 日則溝 九寨溝
 山
 日則溝 九寨溝
 原始森林
 日則溝 九寨溝
箭竹瀑布 熊猫海 熊猫瀑布 犀牛海
 箭竹瀑布
 日則溝 九寨溝
 熊猫海
 日則溝 九寨溝
 熊猫瀑布
 日則溝 九寨溝
 犀牛海
 樹正溝 九寨溝
マニ車 民族村 龍の角 盆景難
 マニ車
 樹正溝 九寨溝
 民族村
 樹正溝 九寨溝
 龍の角
 樹正溝 九寨溝
 盆景難
 樹正溝 九寨溝
 今日は6時30分起床。今までで一番のんびりの起床だ。バイキングの朝食を済ませて、8時成都観光に出発。

 午前中はパンダ繁育研究基地でパンダを見学。家内はパンダと一緒に写真を撮るのが一番の目的のようだ。パンダの何十倍という観光客の人たちに混じって、大人のパンダや赤ちゃんパンダを見た。そして家内はわずかな時間だったけれど、パンダと一緒に写真撮影ができ、夢を叶えた。あまり期待はなかったけれど、あらためて、パンダはかわいいなあと思ってしまった。

 都江堰近くのホテルで昼食。午後は、古代水利施設、都江堰を見学。何の予備知識もないまま見学してしまったが、凄い施設だった。川の真ん中に中州を作り、長江の支流である岷江という大河を、外江と内江の2つに分け、外江はそのまま長江へ合流させ、内江は灌漑用水・生活用水として四川盆地へ流しこませている。水量は外江に6割、内江に4割の割合だそうだ。現在はコンクリート製のダムで水量の調節を行っているが、以前は竹籠に石を詰めたものを使用していたそうだ。都江堰を作ったのは李冰・李二郎親子で、二王朝というところにまつってあった。紀元前3世紀頃の建造という。初めは軍事利用が目的だったようだが、発想、工事の大きさ、この時代の技術の高さ、現在でも使用されているなど、どれも凄いなあと思ってしまった。

 夕食は銀杏というレストランでとって、夜は川劇の観賞。川劇は素朴な感じがして、わかりやすくおもしろく観賞した。仮面を一瞬にして次々に変えていく変面は、どうやって変えているのか、まるでマジックショーでも見ているように謎解きをしながらの観賞は、わくわくしてしまった。
パンダ入り口 パンダ パンダ パンダ
 入り口
 パンダ繁育研究基地 成都
 パンダ
 パンダ繁育研究基地 成都
 パンダ
 パンダ繁育研究基地 成都
 パンダ
 パンダ繁育研究基地 成都
パンダ パンダ 都江堰 都江堰
 パンダ
 パンダ繁育研究基地 成都
 パンダ
 パンダ繁育研究基地 成都
 都江堰
 都江堰 成都
 水をせき止める道具
 都江堰 成都
二王朝 市内 川劇 川劇
 二王朝
 成都
 市内
 成都
 川劇
 成都
 川劇
 成都
川劇 川劇 川劇
 川劇
 成都
 川劇
 成都
 川劇
 成都
 今日は帰国する日。この旅は朝が早かったが、今日も朝5時起床。朝食はホテルのレストランで5時40分頃とった。流石に食は進まないが、飛行機が予定通り飛ばないこともあるから仕方ない。6時過ぎにホテルを出発。

 予定通りの運行で、広州白雲空港には9時20分頃到着。白雲空港で、乗り換え時刻まで飲茶などの軽い昼食をとったり、最後のショッピングをしたりして、午後2時25分に出発。成田へは午後7時50分頃到着した。

 今回は、雄大ですばらしい景色や美しい花々、野鳥の囀りが印象的だった。そして、生まれて初めて標高が3000mを超えるところに行くというのはどういうことなのか、身をもって知ったのがよい思い出になった。
夕焼け
 夕焼け
 日本上空


九寨溝と黄龍1 九寨溝と黄龍2 九寨溝と黄龍3 travelsへ戻る Homeへ戻る