高原の花 1

Homeflower>高原の花1 
【2019.7.13−15 乗鞍・八島湿原】
バイカウツギ アカギキンポウゲ イブキトラノオ ニガナ
バイカウツギ
19.07.15八島湿原
アカギキンポウゲ
19.07.15八島湿原
イブキトラノオ
19.07.15八島湿原
ニガナ
19.07.15八島湿原
ハクサンフウロ オオカサモチ オオヤマフスマ キバナノヤマオダマキ
ハクサンフウロ
19.07.15八島湿原
オオカサモチ
19.07.15八島湿原
オオヤマフスマ
19.07.15八島湿原
キバナノヤマオダマキ
19.07.15八島湿原
ニッコウキスゲ ニッコウキスゲ イワウメ ヒョウタンボク
ニッコウキスゲ
19.07.15八島湿原
ニッコウキスゲ
19.07.15八島湿原
イワウメ
19.07.13乗鞍畳平
ヒョウタンボク
19.07.15八ヶ岳山麓

 2019/07/13-15 乗鞍岳・八島湿原

 畳平では、今回「イワウメ」を見ることができました。

 乗鞍岳から移動して、八ヶ岳山麓で鳥見をしているときに出会った方から八島湿原のことを聞いたので、その足で行ってみました。ノビタキねらいだったのですが、あいにく雨模様だったために入り口から木道に入って少し歩いて引き返してきました。短時間で短い距離だったのですが、その時に見たた植物です。このときノビタキも見ました。

 「八島湿原の標高は約1630m。約12000年の年月を経て現在の姿になりました。ゆっくり歩いて90分ほどで一周できます。・・・四季でいろいろな表情をみせてくれる八島湿原。どんな出会いが待ち受けているでしょうか?」八島湿原のパンフレットより。

【2017.7.16−18乗鞍・八ヶ岳山麓】
センジュガンピ カラマツソウ ミネズオウ イチヤクソウ
センジュガンピ
17.07.16長野県
カラマツソウ
17.07.16長野県
ミネズオウ
17.07.17乗鞍畳平
イチヤクソウ
17.07.18乗鞍高原
アオノツガザクラ ヨツバシオガマ ミヤマキンバイ ギンリョウソウ
アオノツガザクラ
17.07.17乗鞍畳平
ヨツバシオガマ
17.07.17乗鞍畳平
ミヤマキンバイ
17.07.17乗鞍畳平
ギンリョウソウ
17.07.18乗鞍高原
クガイソウ クサレダマ クロユリ チングルマ
クガイソウ
17.07.18乗鞍高原
クサレダマ
17.07.16茅野市
クロユリ
17.07.17乗鞍畳平
チングルマ
17.07.17乗鞍畳平
コマクサ ミツバオウレン コイワカガミ ハクサンイチゲ
コマクサ
17.07.17乗鞍畳平
ミツバオウレン
17.07.17乗鞍畳平
コイワカガミ
17.07.17乗鞍畳平
ハクサンイチゲ
17.07.17乗鞍畳平

 2017/07/16-18 八ヶ岳山麓・乗鞍畳平

 乗鞍畳平へは、ライチョウを見たくて行き始めてから今回で3回目でした。昨年の8月、初めてライチョウ親子に出会うことができました。しかし、乗鞍の魅力はライチョウだけではなく、コマクサなどの美しい高山植物やこの暑い時期に涼しさを期待できるところにもあります。

 八ヶ岳山麓周辺の探鳥箇所をいくつか訪ねてコマドリなどに出会い、植物も少し見て乗鞍に向かいました。お花畑散策はライチョウ親子を見た後でした。ミネズオウは初めての花です。葉はライチョウの餌になるとのこと。お花畑はじっくりとまわったわけではないのですが、もう少し後の方がよいようにも思いました。

 今回の発見は、乗鞍高原の休暇村周辺にいくつかの散策コースがあるということを知ったことでした。牛留池の周りのギンリョウソウは見応えがありました。