スペイン 2 −スペイン世界遺産めぐり−

スペイン1 スペイン2 スペイン3 travelsへ戻る Homeへ戻る 旅行の前に
 5時30分起床。窓を開けると、修道院だったところの中庭がみえる。外は暗く、月がこうこうと輝いている。昨日仕入れた果物を少し食べたが、朝の果物は大変おいしい。7時朝食。

 8時にホテル出発。アルハンブラ宮殿に向かう。個人でチケットを買う人たちがたくさん並んでいた。ガイドブックを見ると、アルハンブラ宮殿への入場者数は30分に300人と制限されている。私たちは、ガイドのFelixさんに連れられてすぐに入場することができた。Felixさんは今回の旅行で会った現地ガイドの中では異色で、顔は怖いが、日本語ができてその日本語を使って駄洒落を連発して私たちをよく笑わせた。ヘネラリーフェ庭園からアルハンブラ宮殿の順に見学。乾いた土地なのに、豊富な緑やシエラ・ネバダ山脈の雪解け水を利用した噴水や水路の水には恐れいるばかりだ。当時の技術力の高さや経済力が十分に感じられる。

 コスタ・デル・ソルはここ30〜40年の間に開発が進み、国際的リゾート地に発展した海岸だ。ミハスもコスタ・デル・ソルにある。もともと、老後を過ごす人たちが集まった町だったが、次第に観光で有名になったとのこと。日本人のいるおみやげやもあって、散策のあとはおみやげを買ったり、アイスクリームを食べたりしてゆっくり過ごした。

 6時40分ホテル着。夕食前に海水浴客でにぎわっている浜辺に行ってみた。大勢の人たちが、水着姿で自分の時間を楽しんでいる。水着を着ていない私たちがその中にとけ込むのは難しそうだった。記念の1、2枚の写真を撮って、20、30分で戻ってきた。夕食をとって就寝。ところが、夜中にホテルで若者が騒いでいるとかで起こされることになる。不安な夜を過ごしたホテルだった。
グラナダの町 庭園1 庭園2 アセキアの中庭1
 グラナダの町
 グラナダ
 庭園1
 ヘネラリーフェ庭園
 庭園2
 ヘネラリーフェ庭園
 アセキアの中庭1
 ヘネラリーフェ庭園
アセキアの中庭2 アルハンブラ宮殿 カルロス5世宮殿 アルバイシン地区
 アセキアの中庭2
 ヘネラリーフェ庭園
 アルハンブラ宮殿
 ヘネラリーフェ庭園から
 カルロス5世宮殿
 アルハンブラ宮殿
 アルバイシン地区
 アルハンブラ宮殿から
コマレス宮のファザード アラヤネスの中庭 ライオンの中庭 サン・セバスチャン通り
 コマレス宮のファザード
 アルハンブラ宮殿
 アラヤネスの中庭
 アルハンブラ宮殿
 ライオンの中庭
 アルハンブラ宮殿
 サン・セバスチャン通り
 ミハス
ラ・ロンハ内の柱 ガソリンの値段 アルハンブラ宮殿遠景 花
 ミハスの町
 
 闘牛場
 ミハス スペイン最小で四角の形
 浜辺
 コスタ・デル・ソル ミハスの近く
 花
 コスタ・デル・ソル

【食事】
ミックスサラダ イカの墨煮とライス カスタードクリーム
 ミックスサラダ
 昼食
 イカの墨煮とライス
 昼食 美味
 カスタードクリーム
 昼食 デザート


コスタ・デル・ソル地方(発) →(バス 2時間 110q)→ロンダ →(バス 2時間 144q) →セビリア(市内観光・泊)
 5時30分起床。朝食7時30分。8時40分ホテル出発。バスの中で添乗員さんが説明している。日本人が外国に滞在している人口は81万2千人で、うち5千人がスペインに滞在し、3ヶ月以上の長期滞在は3千713人だという。日本人の滞在希望国ベスト5はオーストラリア、ハワイ、ニュージーランド、カナダ、スペインの順だそうだ。

 セビリアの近郊のコリア・デル・リオには、支倉常長の使節団で残った日本人の子孫が約650人もいるそうだ。

 夜はフラメンコディナーショーに参加。添乗員さんの説明では、フラメンコはどちらかというと音楽が主で踊りは従だとのこと。スペインに来ているんだという雰囲気が伝わってきた時間になった。ホテル着9時10分。
闘牛場 ヌエボ橋 ロンダの町 スペイン広場
 闘牛場
 ロンダ 中は博物館
 ヌエボ橋
 ロンダ
 ロンダの町
 
 スペイン広場
 セビリア
ヒラルダの塔 セビリアの町並 塔の鐘 コロンブスの墓
 ヒラルダの塔
 セビリア
 セビリアの町並
 
 塔の鐘
 ヒラルダの塔
 コロンブスの墓
 セビリア カテドラル
塔の上の飾り サンタ・クルス街 フラメンコショ− フラメンコショ−
 塔の上の飾り
 ヒラルダの塔
 サンタ・クルス街
 セビリア
 フラメンコショ−
 セビリア
 フラメンコショ−
 セビリア


セビリア(発) →(バス 2時間 139q)→コルドバ(市内観光) →(バス 2時間 139q)→コンスエグラ(風車見学) →(バス 1時間 62q)→トレド(泊)
 5時30分起床。7時朝食。8時出発。車窓から見る景色が少し変化してきた。乾いただけの大地から、畑も見られるようになった。農家が点在して牛や鶏、羊、馬などを農家の近くや畑に見かけた。時々みかける鳥は、ツバメと鳩以外にサギ等も見られるようになった。ひまわり畑も多いが、どれも咲き終わった後の姿だ。オリーブは相変わらず多く、道の脇にはキョウチクトウをたくさん見た。

 コルドバではメスキータ、ユダヤ人街、花の小道(花はほとんど咲いていなかった)などを見学。

 コンスエグラの風車を見てからトレドに向かう。展望台からトレド旧市街の全景を見たときは、美しさに思わず感動した。ホテルに入ったのは7時20分だった。
ユダヤ人街1 ユダヤ人街2 花の小道 個人の中庭
 ユダヤ人街1
 コルドバ
 ユダヤ人街2
 コルドバ
 花の小道
 コルドバ
 個人の中庭
 コルドバ
メスキータ ミナレット 円柱の森 ミフラブ
 メスキータ
 コルドバ
 ミナレット
 メスキータ コルドバ
 円柱の森
 メスキータ コルドバ
 ミフラブ
 メスキータ コルドバ
中央祭壇 風車 トレド遠景 部屋の中
 中央祭壇
 メスキータ コルドバ
 風車
 コンスエグラ
 トレド遠景
 
 部屋の中
 ホテル トレド

【食事】
ガスパーチョ メルルーサノフライとレタス
 ガスパーチョ
 前菜
 メルルーサノフライとレタス
 メインデッシュ