イギリス 1 エジンバラ・グラスミア・コッツウォルズ・バース・ロンドン

イギリス1 イギリス2 イギリス3 イギリス4 travelsへ戻る Homeへ戻る

日程成田 12:15---ロンドン 16:00 (VS 901)  
ロンドン 20:50---エジンバラ 22:00 (VS 64)
宿泊BARCELO EDINBURAGH CARLTON HOTEL 23:00

イギリスの地図

 イギリス観光に出かけた。イギリスは、正式にはThe United Kingdom of Great Britain & Northern Irelandと長い国名だが、UKを目にすることも多い。ツアーの参加人数は19名で、現地で2名が加わる。この人数ならば、現地でのバスの座席には余裕があるだろう。Virgin Atlantic Airwaysで最初の目的地エジンバラには22:10着の予定だ。サマータイムなので、時差は−8時間。ヒースロー空港での待ち時間を含めて18時間と少しかかることになる。
 飛行機は予定より45分ほど遅れて、成田を12:15に出発した。

 Virgin Atlantic Airwaysは、よい印象だった。ヘッドホンもちゃんと機能するし、日本語の映画も何本も用意されている。日本人のCabin Attendantも数名いて、言葉も心配ない。食事に松花堂弁当が選べるのは妻には好評だった。この食事は人気で、残念なことにわたしの前で注文が一杯になった。このときのCabin Attendantは日本人ではなかったが、とてもすまなさそうなジェスチャーをしていた。そののりで、私も大げさにがっかりしてみせた。
 サービスがしっかりしている一方で、安全のために客に要求することは厳しいと感じた。離陸時、ブランケットを膝にかけていたら、許可があるまでシートのポケットに入れておけと言う。また、ヘッドホンも安定飛行に移るまで渡されなかった。喫煙すると、英国航空法で罰せられることもアナウンスしていた。

 ヒースロー空港で国内線に乗り換えて、エジンバラ空港に着いたのは午後10時。着陸前は上空からきれいな夕焼けが見えていた。やっと着いた。
 この日はスコットランドのお祭りのようなものがあって、ホテル前の通りにも人が集まっていて、明け方まで人が絶えなかった。
搭乗機 エジンバラ空港上空 ホテル前夜景1 ホテル前夜景2
 搭乗機
 ロンドンで撮影
 夕焼け
 エジンバラ上空
 夜景
 ホテル前
 遅くまで人が出ている
 ホテル前
行き松花堂弁当 帰り松花堂弁当
 松花堂弁当
 行きの機内食
 松花堂弁当
 帰りの機内食



日程ホテル 8:30---エディンバラ市内観光 (ホリールード宮殿 8:40---カールトン・ヒル---エイディンバラ城 9:50---ロイヤルマイル 11:10)---昼食 ---ハドリアヌスの長城---グラスミア(湖水地方)
宿泊SWAN HOTEL GRASMERE

 午前4時には起きてしまった。眠ったとは思うが、眠りが浅くなって、気づくたびに窓に面した通りからお祭りの余韻を残した人たちの話声が聞こえてきた。バグパイプの路上演奏も聞こえてきていた。
 窓から外を見ると、あたりはまだ薄暗いが、空にはカモメがたくさん飛んでいて、鳥見が趣味の私としてはちょっとうれしくなった。エディンバラウェーヴァリー(Edinbugh Waverkey)駅まで散歩。外は、長袖のシャツにセーター、それに上着を着てもちょっと寒いぐらい。明け方に窓から見た酔っぱらい達はもっと薄着をしていたはずだが、こんなに寒かったのだ。エディンバラは街全体が世界文化遺産で、古い石造りの建物を目にしながら歩くのは気持ちがいい。それに鳥も飛んでいる。カモメ、クロウタドリ、モリバトなどを目にした。

 朝食後、ホテルを出発してエディンバラの市内観光に向った。英国女王のスコットランドの公式の居所となっているホリールード宮殿(The Place of Holyroodhouse)は門の外から見学。他の団体と一緒に中に入った人が、すぐに出されてしまったが、しっかりと写真は撮ってきていた。ちゃっかりしている。この宮殿はエディンバラ城から伸びるロイヤルマイルの終点にあり、カールトン・ヒルの麓にある。現地ガイドのハードウィック・カヨコさんの説明によると、門柱左上のライオンはイングランドの象徴、右上のユニコーンはスコットランドの国の紋章とのことだ。
 続いて、カールトン・ヒル(Calton Hill)から街を眺望した後、プリンセス通り(Princes Street)を通ってエディンバラ城(Edinburgh Castle)に行った。
 エディンバラ城は断崖の岩山を利用して作られていて、歴代スコットランド王の居城だったところだ。ガイドさんは、王冠と杖と剣が展示されている話をしていた。城から街の眺望もすばらしい。
 お城を見学してロイヤルマイルを歩いた後、昼食場所へ移動して、この日はハギスを食べた。

 午後は、途中ハドリアヌスの長城を見学して、グラスミア(湖水地方)に移動した。ハドリアヌスの長城(Hadrian's Wall)はローマ帝国の国境として122年から作られ、西海岸から東海岸まで長さ118q、高さ4.5m、幅3mの石の壁だ。見てもがっかりしないで下さい、と添乗員が何度か繰り返し言っていたが、うーむ、なるほど世界遺産にはなってはいるが、そこら辺の羊の柵と大して変わりがないようにも見える。でも、当時としてはハイテク技術を駆使しての建造物だったのだろう。

 夕方グラスミアのスワンホテルに到着。こじんまりとした小さなホテルだった。スーツケースは自分で運びますかと訊くので、昨日は訊かれなかったのに今日はどうして訊くのかなと思いつつも、ハイと言ったら凄く大変だった。いくつもの防火扉を開けながら廊下を進み、さらに階段を上がって少し進み、やっと部屋にたどり着いたのだ。その先の部屋の人はもっと大変だったろう。質問の意味を体で理解した。あらかじめ質問の意味を説明して欲しかったなあ。
 この日は、途中寄った土産物店付近でホシムクドリ、スズメ、ニシコクマルガラス、ミヤマガラスを見た。
ホリルード宮殿 門柱 スコットランド王家の紋章 カールトン・ヒルから新市街
 ホリルード宮殿
 エディンバラ
 門柱
 ホリルード宮殿
 紋章
 スコットランド王家
 新市街
 カールトン・ヒルから
エディンバラ城 エディンバラ城 エディンバラ城 エディンバラ城
 エディンバラ城
 街中から
 エディンバラ城入り口
 
 ロイヤル・アパートメント
 エディンバラ城
 エディンバラ市街
 エディンバラ城から
バグパイプの演奏 ロイヤルマイル ハドリアヌスの長城 ハドリアヌスの長城
 バグパイプの演奏
 エディンバラ城内
 ロイヤルマイル
 エディンバラ城の方向
 ハドリアヌスの長城
 
 ハドリアヌスの長城
 
ハギス
 ハギス
 昼食


次はイギリス2
イギリス1 イギリス2 イギリス3 イギリス4 travelsへ戻る Homeへ戻る