ベトナム 1 −ハロン湾とハノイ・ホーチミン−

ベトナム1 ベトナム2 ベトナム旅程 travelsへ戻る Homeへ戻る
成田 →ハノイ
 朝5:50自宅。タクシー会社に電話するが、日曜日だったため人手不足で断られる。5〜6件掛けてようやく手配できた。朝からちょっとつまずいた。飛行機は20〜30分遅れて11:20頃離陸。

 この便はベトナム航空とのコードシェア便となっていて、行きはベトナム航空の機材・乗務員で運行され、帰りは日本航空の機材・乗務員で運行されるのだそうだ。空席が目立ち、今までの旅行での印象とちょっと違うという感じだ。スチュワーデスはアオザイ姿のベトナム人。上は赤、下は白のパンツ姿だ。

 機材はひどい。ヘッドホンにスポンジカバーを取り付けるのに一苦労。やっと準備できて聞いてみたが、もちろん落語などの放送はない。4〜5チャンネルで音楽放送。聞きたい曲がなかったので、片方の音が鳴らない不具合も申し出ずにそのまま座席のポケットに入れてしまった。テレビは一度も点かなかった。私の座席はかなり冷房が効いていて寒い。ブランケット2枚でしのがなければならないほど冷えて、調節できるよなつまみはなかった。

 食事はおいしかった。ただ、配膳し終える最後の方だったためか選択肢がなかった。肉しかないと言う。ちょっとひどい。ビールを飲む気にもなれなかったので、ウーロン茶で食事をする。

 高度を下げると、田園風景。いたるところに水たまりのような沼とも湖ともいえるような景色が見られた。無事着陸。田舎の飛行場のような大きくはない空港だった。

 入国審査を済ませて、出口を通るとガイドが待っていた。30歳の男性ロンさん。大学で日本語を勉強したという。日本には行ったことはないというが、上手にしゃべる。ワゴン車で1時間ほど掛けてホテルに向かった。途中は、田園風景。上空から見た風景だ。トラクターや耕耘機などはなく、手作業か水牛の世界だという。田圃に牛が点在して草をはんでいる。生活に困ると、この牛さえも食べられてしまうという。私が生まれた頃の日本のようらしい。空港も空港から続く道路も日本のODAの援助を受けているとのことだ。

 街が近づくと、バイク量が増えてきた。自動車は新車のカムリが600万円ほどで、かなりの税金が掛けられれているらしい。車は少なく、バイクの中に車が走っているという印象だ。家は土地が高いので上に高い3、4階建ての家が多く、ペンキは正面のみ塗られ、節約しているようだ。

 夕食はホテル内で済ませ、明日に備えた。
スチュワーデス 機内食 上空から1 上空から2
 スチュワーデス
 アオザイ姿だ
 機内食
 チョイスはできず
 上空からの風景1
 ハノイ上空
 上空からの風景2
 ハノイ上空
ハノイの飛行場 ホテルから1 ホテルから2 ホテル内
 ノイバイ国際空港
 ハノイ
 道路交差点風景
 ハノイ、ホテルから
 街並み風景
 ハノイ、ホテルから
 部屋の様子
 ハノイ


 3時30分に起きてしまった。といっても、日本時間だと5時30分だからいつもより遅い起床だ。7時と決めた朝食時間の前に20分ほどホテル周辺を散歩。ハノイには「〜湖」と名の付く大小の湖がたくさんある。1〜2分でティエンクアン湖に着いた。

 ここに到着するまでに、歩道や車道には早くも歩く人やバイクに乗った人などたくさん見られ、外で朝食をとっている人の姿もある。フォーを食べているようだった。

 湖の形は150m×200mぐらいの長方形の形をしている。湖を囲むように車道が走っているが、その内側に歩道、さらにその内側にベンチがおかれていたり、バドミントンのコートがあったりする。湖の周りは人でいっぱいだ。何をするでもなく、ぼんやりと座って朝を楽しんでいる人、一人で足を振ったりして運動している人、走っている人、歩いている人、ノンをかぶり天秤棒で荷物を運び行商をする人、健康器具を歩道に置いてレンタルしていると思われる人、湖の岸に浮かんでいる食べられそうな死んだ魚を拾う人、などなど。老若男女さまざまな人であふれている。

 ホテルの朝食はバイキング形式だ。フォーにトライ。牛肉と鶏肉が選べるが鶏肉にした。香料の独特の香りがするが、それほどきつくない。味は最高だ。麺もスープも口にあう。赤い唐辛子、かぼすがつく。途中から2きれの唐辛子を入れたが、結構辛みが広がった。私は入れない方が好みだ。パンも柔らかく、味のよいものだった。

 今日はハロン湾の観光だ。1994年にユネスコ世界遺産に登録されている。ガイドのロンさんがワゴン車で迎えに来た。8時30分ホテル発。紅河(ホンカワ)にかかる橋を渡り、3時間かけて向かう。途中ちょうど中間地点で刺繍工房が併設されているドライブインに立ち寄る。ベトナム戦争で使用された枯れ葉剤のために何代にも渡って障害を持つ人が生まれるという。その障害者が働くところだそうだ。みんな元気そうに働いている。できあがった刺繍製品もたくさん売られていた。お茶請けに出された菓子と同じものを25000ドンで購入する。それにしても蒸し暑い。ドライブインはクーラーなど効いていない。車の中が唯一涼しいところだ。

 車窓は右も左も田圃が広がっている。時々ノンをかぶった農夫、水牛(黒または灰色っぽく見える)、牛(茶色っぽく見える)が田圃の中やあぜ道に見える。村や町にさしかかると、マッチ箱を縦に置き幅の狭い面を道路に向けたような家が建ち並ぶ。人は見えるが、店の番をしているのかなと思われる人とか、ぼんやりしている人とか、はっきりと何かをしているといった人は少ない。中にはカフェのようなところで何人がかたまってお茶している人たちもいる。暑いから昼間は働かないのかなあ。車窓から見える風景の中には煉瓦工場やお墓などもあった。お墓は立派なものは屋根がついているものもあった。場所の規制はないようで、田圃のど真ん中に位置しているものもある。

 12時過ぎハロン湾に到着。4〜5人のグループが5,6グループが乗れるほどの大きさの船に乗り、食事付きのクルーズ。食事でおいしかったのは、ゲー・ハップとよばれる花がにの蒸し物だ。ザウ・ムオン・トイ(空芯菜のニンニク炒め)もよかった。食事中にも船は進み、海からポコポコつきだした岩が見えだした。これがハロン湾の景色だ。いけどもいけども岩が次々に現れる。最後に鍾乳洞の1つを見学して引き返してきた。クルーズ中に果物売りの小舟が近づき、少年が船に飛び移り窓から果物を差し出して来る。買っても食べられないので無視していると、やがてあきらめて去っていく。

 帰りも3時間かけてハノイに戻った。帰りの車窓は、午後の方が涼しいのか行きよりもたくさんの人が田圃に出ていた。草取りをする人、飼料をまく人、消毒をしている人などだ。牛やアヒルもたくさん見かけた。

 夜7時少し前にハノイに到着。すっかり暗くなっていた。レストランに直行。生春巻きを初めて口にした。蒸しご飯も意外とうまかった。
茶請け 刺繍をしている 刺繍製品 船着き場
 茶請けの菓子
 ドライブイン
 刺繍の様子
 ドライブインの工房
 刺繍製品
 ドライブイン
 船着き場
 ハロン湾クルーズ
クルーズ船 果物売り ハロン湾1 ハロン湾2
 クルーズ船
 同型の船
 果物売りの少年
 あきらめて離れていった
 湾の風景1
 ハロン湾
 湾の風景2
 ハロン湾
ハロン湾3 ハロン湾4 花がに エビと貝
 湾の風景3
 ハロン湾
 湾の風景4
 ハロン湾
 蒸した花がに
 船のランチ
 エビと貝
 船のランチ
ライギョ 空芯菜 ハスの蕾 エビと貝
 ライギョ?
 船のランチ
 空芯菜のニンニク炒め
 船のランチ
 ハスの蕾
 夕食レストラン
 生春巻き
 夕食レストラン


 朝の散歩はトンニャット公園にした。わずかに開いているゲートから入るらしいのだが、入り口で少しためらった。小型バイクに腰掛けた中年男性が、私に声をかけて指でゲートの方を指している。「そのゲートから入れる」というサインと受け止めて中へ入った。後で知ったが、無料で入れるのは朝だけで、昼間は2000ドンの入場料が必要なのだ。中は人であふれていた。何か特別なイベントがあるわけではなく、みんな朝の運動をするために集まってきている。バドミントン、エアロビクス体操、ジョギングなど一人またはグループでそれぞれの人がそれぞれに体を動かしている。台湾や中国でも見かけた光景だ。朝から運動して疲れないのだろうか、などと考えるのは私だけか。バイマウ湖にたどり着き、引き返した。
 樹林では、スズメとその他2種類の野鳥をみかけた。一種はヒヨドリぐらいの大きさで黒っぽい鳥、もう一種はスズメより少し大きめで、灰色で冠羽が立ちお腹に赤い斑のある鳥だった。

 朝食後の予定は、市内観光とバッチャン村の陶器の見学だ。
 ホーチミン廟の見学は午前中だけなので最初に行った。9時15分に着いたが、すでに長い行列ができていた。厳重なセキュリティーチェック、5mおきぐらいに立つ衛兵による警備とチェックなどが印象に残っている。大きなバックは持って入れないので預けて、小さな貴重品だけを携行した。それでも途中で衛兵に呼び止められて、列から離れて中味を確認される。おしゃべりをしていると、「しー」というジュエスチャーで注意される。脱帽を要求される。建物に近づくにしたがってぴりぴりとした雰囲気が伝わってくる。建物内は冷房が効いてひんやりしている。外の暑さとは対照的だ。行列はホーチミンの棺の周りを回って外に出るのだが、待ち時間に比べると見る時間はほんのすこしだ。棺はガラスケースでおおわれている。顔がライトアップされているので外からよく見える。とてもきれいで、まるで蝋人形のようでもある。棺の周りに4人の衛兵が配置していて微動だにしない。大変だろうなあ、などとよけいな方に考えが及ぶ。建物から出たのは11:00頃だったろう。

 文廟は孔子を祭るために建てられた廟だ。亀の形をした石の上に石碑がのったものがたくさん置いてあった。科挙試験に合格した82人の名前が刻まれた石碑で、ガイドのロンは石碑をのせる82の亀の顔が全部異なっていることを説明していた。また、この廟は孔子を含め4人が祭られているそうだ。残り3人の名前もロンが説明していたが、右から左へ流れてしまった。

 昼食はハノイ市内のレストランでとったが、バナナの花が入ったサラダがおいしかった。昼食後バッチャン村へ。細い道を30分かけて行き、上階が工房で下が店になっているところを見学した。絵付けが上手だったことや、製品がたくさん並んでいたことが頭に残っている。家内は亀の形の醤油差しを求めた。市内に戻って、一柱寺見学。1049年の創建で、蓮の花にみたてて建てられたという。一本の柱の上に仏堂をのせた変わった形の寺だ。

 シクロの体験と水上人形劇はよかった。
 シクロは人力車と自転車の合体した乗り物で、前の部分が椅子で後ろから自転車でこいで押す形になっている。目線が車より低いこと、スピードがゆっくりであるところがいい。街の様子がじっくりと楽しめる。そして何より、道路をバイクの群れに気を遣わずに走れるのがよかった。バイクのクラクションをものともせず、ゆっくりとハノイの街を流してくれる。30分はあっという間だった。
 水上人形劇は、人形の動きを見るのも楽しかったが、その横で演奏されているベトナムの伝統楽器の音色や歌が素晴らしかった。両者の息があっていて楽しい時間を過ごすことができた。

 夕食までの時間を路上市場の見学に当てたが、暑さのため朦朧としていたようだ。疲れもたまってきたようだ。歩いたという事実だけが頭に残る。
朝の運動1 朝の運動2 刺繍製品 船着き場
 バドミントン
 朝の運動
 エアロビクス体操
 朝の運動
 交差点の様子
 朝の道路風景
 ホーチミン廟
 ハノイ
クルーズ船 果物売り ハロン湾1 ハロン湾2
 ジャックフルーツ
 ホーチミン廟近く
 ハイビスカス
 ホーチミン廟近く
 行商の人1
 ハノイ
 行商の人2
 ハノイ
ハロン湾3 ハロン湾4 花がに エビと貝
 文廟門
 文廟
 亀の頭
 文廟
 行商の人3
 ハノイ
 絵付け
 バッチャン
ライギョ 空芯菜 ハスの蕾 エビと貝
 一柱寺
 ハノイ
 シクロに乗る人
 シクロから
 行商する人3
 シクロから
 雑貨屋さん
 シクロから
ライギョ 空芯菜 ハスの蕾 エビと貝
 床屋さん
 シクロから
 水上人形ステージ
 水上人形館
 演奏する人
 水上人形館
 水上人形1
 水上人形館
ライギョ 空芯菜 ハスの蕾 エビと貝
 水上人形2
 水上人形館
 水上人形3
 水上人形館
 水上人形4
 水上人形館
 操った人
 水上人形館